ブログトップ | ログイン

寺泊 養泉寺

養泉寺は文禄3(1594)年、信濃国(長野県)水内郡長沼村の歓喜踊躍山浄興寺の僧浄明が開いたお寺です。宗派は真宗大谷派。山号は光澤山。「つやさん」と読みます。


by yosenji
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ようせんじ 夏のこども会 2018 レポート

d0266465_13592706.jpg

8月10日(金)。
ようせんじ 夏のこども会 2018 を行いました。
夏のこども会は8回目となりました。
最初の頃に来てくれていた子どもたちは、中学生や高校生になっています。
つい最近始めた様な気がしていましたが、事実を知ると時間の流れの速さを感じてしまいますね。

それはともかく、どんどんと大きくなっていく子どもたち。
その中でどの世代の子どもたちにも変わらずある”好奇心”や”キラキラしたもの”を毎回感じます。
その度に、ありふれた言い方かもしれませんが、元気をもらいます。
汗だらだらになりながら行う準備も後片付けも、それで吹っ飛びます。
本当にありがとうございました。

d0266465_14082428.jpg

夜7時。
つい5分前までガラガラだった本堂に、時間ピッタリに集まってくる子どもたち、親御さんたち。
子どもたちには本堂の真ん中に集まってもらい、親御さんたちには周りを囲むように座っていただきました。

簡単な挨拶をして、まずは全員で正座。
ぴんと背筋を伸ばして、仏さまに手を合わせました。

d0266465_14123071.jpg

その後は、三条教区児童教化連盟から駆けつけてくれた皆さんの自己紹介。
私の他に、4人も来て下さって、本当に助かりました!!
W夫妻は毎年の参加。
この日は何と2回目の子ども会。
柏崎で子ども会に参加した後、この寺泊までとんで来てくれたそうです。
お疲れ様です!!

d0266465_14173286.jpg

自己紹介の後は、準備運動ということで「昆虫太極拳」を。
1年半前に名古屋で児童教化の研修会を行った時、名古屋教区の皆さんから教えていただいたもの。
いつかやってみたいとずっと暖めておりました(笑)
カマキリ、ダンゴムシ、バッタ、カメムシの4つのポーズを、リズムに合わせてとっていくというもの。
簡単そうですが、音楽がどんどん速くなり、最後にはめちゃくちゃになってしまいます。
前に出て行った児連メンバー(私含め)すら、完全には出来ない状態(笑)
それでも楽しく体を動かすことが出来ました。

d0266465_14221082.jpg

昆虫太極拳の後は、椅子取りゲームの座布団版。
ざぶとん取りゲームを行いました。
昆虫太極拳をBGMに、どんどんざぶとんの数を減らしていって…と考えていたのですが、なかなか思う様にいかず、2回ほどやって終わりにしました。
大人数なのでなかなか人が動かないこと、座布団をうまく円にすることが困難だったこと、などが予想外でしたね。
しかしこれもまた一つの経験、いい勉強になりました。
もっと工夫すれば、座布団は今後も使えるなぁと思いました。

昆虫太極拳、ざぶとん取りゲームの後は、いよいよメインイベントのシールラリーを行いました。
今年の三条別院御坊市で開催された子どもスタンプラリー。
その様子を見ていて、規模を小さくすれば自坊でも出来るなぁ、と思って今年の夏のこども会のメニューに組み込ませてもらいました。
スタンプではなくシールにしたのは、スタンプだと汚れの面、また用具の準備に難があると思ったことがあります。
また何よりも、娘たちを普段見ていて、シールが好きだなぁと(笑)
であれば使おうと思ったことが一番の理由です。
東本願寺の青少幼年センターに注文すれば可愛らしいシールが手に入ります。
そのシールを使って、台紙は自分で作り、お寺の中を探検しながらシール集めをしようということにしました。

お寺の中はただいつも通りの様子ではつまらないので、一日かけて迷路に仕立て上げました(笑)
長机や畳を使って道を作りました。
その中で3ヶ所のチェックポイントを作って、その場所を子どもたちに巡ってもらいました。
大急ぎで我先にと戻ってくる子ども、ゆっくりと回る子ども、迷う子ども、ルールがまだ少し難しかった子ども…
いろいろと反省もありますが、皆シールを集めるということを楽しんでくれていたようで嬉しかったです。

d0266465_14271119.jpg
d0266465_14272161.jpg

台紙に必要なシールを全部貼ったら、景品のお菓子とシールのセット、またくじを引いてもらいました。
くじの中身は、ガチャガチャのカプセル。
中身は色とりどりの風船。
これも青少幼年センターの児童教化教材の一つで「ほとけの子風船」というもの。
今回、お試しという意味も兼ねて使わせてもらいましたが、みんなとても喜んでくれました。
すぐに膨らませて遊び出す子もいて、本堂には色とりどりの風船が舞いました。

d0266465_14274275.jpg
d0266465_14430730.jpg

風船遊びが落ち着いたところで再び仏さまに手を合わせました。
その後は本堂の入り口付近にて皆ですいかを食べて、それぞれ思い思いの時間に帰って行きました。
すいかの汁で汚れた入り口の床を拭いて下さった皆さん、ありがとうございました。

外はすっかり夜でしたが、境内ではゆっくりと話して帰って行かれる方も多くおられました。
個人的には、同級生にたくさん会えました(笑)
お盆に向けてちょうど里帰りしていた同級生も多く、声を掛けてくれたみたいで、皆子どもを連れて遊びに来てくれました。
そんな同級生同士がまた久々に出会って、「あ!○○も来てたんだ!」みたいな感じで、お寺が再会の場になっていたようで嬉しかったです。

今回の子ども会で、また新たな発見がたくさんありました。
また来年も楽しいこども会が出来れば最高です。

今後はもっと日常的にもっと小規模な子ども会や子ども向けのワークショップを行いたいです。
また大人の思い(本当に伝えたいこと)を子どもに伝える場として、お寺をもっと使っていけたらなぁと考えています。

ともかく準備して下さった皆さん、参加して下さった皆さん、後片付けして下さった皆さん、そして子どもたち。
ありがとうございました!!

d0266465_14551760.jpg
d0266465_14552997.jpg

by yosenji | 2018-08-13 14:00 | 養泉寺の雰囲気を知る | Comments(0)