ブログトップ | ログイン

寺泊 養泉寺

養泉寺は文禄3(1594)年、信濃国(長野県)水内郡長沼村の歓喜踊躍山浄興寺の僧浄明が開いたお寺です。宗派は真宗大谷派。山号は光澤山。「つやさん」と読みます。


by yosenji
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

子ども会巡回(平成27年8月) レポート

三条教区子ども会巡回も、一番の山場である8月を乗り切りました。
8月は三条教区の各寺院や幼稚園・保育園等で、巡回を依頼されることが最も多い月です。
合計11会場、毎回様々なメンバーに手伝ってもらいながら、何とか終える事が出来ました。
本当に皆さん、御苦労様でした。

私自身、今年はかなりの会場に参加しました。
もちろん都合により参加できない会場もありましたが、写真を中心に振り返ってみたいと思います。



20組 光圓寺

d0266465_19184722.jpg
d0266465_19192230.jpg
d0266465_19193339.jpg
d0266465_19194011.jpg

ゲームと大型紙芝居(『じごくけんぶつ』)に加え、仏さまランプ作りを行いました。
ちゃんと電気も点くそうで、作った後に子どもたちからそれぞれの仏さまに名前を付けてもらったそうです。
どんな名前が付いたんでしょうか!?



18組 重蓮寺

d0266465_19254933.jpg
d0266465_19255859.jpg
d0266465_19261058.jpg
d0266465_19262519.jpg

重蓮寺さまの子ども会は、まずは正信偈のお勤めから。
そして、児連メンバーによる短い法話の後、大型紙芝居(『おににさらわれたあねこ』)。
そして、外へ出て人参ロケット飛ばし、最後は流しそうめんを皆で食べるという流れでした。

わざわざこの日のために九州からやってきたという方もおられました。
また、普段からお寺の敷居を低くする取り組みをされている重蓮寺さまらしく、本堂や庫裏を子どもたちがまるでその家の家族であるかの様に行き来する様子は、見ていて不思議な感じでした。

流しそうめん、そして新鮮な野菜の天ぷらが美味しかった、暑い暑い一日でした。



三条別院(松葉幼稚園)

d0266465_19362568.jpg
d0266465_19364340.jpg
d0266465_19365185.jpg
d0266465_1937529.jpg

まねっこゲームの鬼、Sさんによる無理難題の数々。
3枚目なんて絶対無理…いや、4枚目なんて物理的に無理(笑)
それでも子供たちは「キャッキャ」と楽しそうにゲームに参加してくれました。
大型紙芝居(『おににさらわれたあねこ』)で締めくくり、汗びっしょりの子どもとスタッフでした。



24組 専明寺

この会場は写真がありません、すみません。
しかし、世代を超えた拠り所となる事を目指して、毎年子供向けの合宿をされているという事で、そのお手伝いに加勢させていただきました。

この合宿で使用される備品や、また参加してみての経験は、いつも参加したスタッフに大きな影響を与えている様です。
今度こそ、参加出来るといいなぁと思っています。

以下、専明寺御住職の記事がありますので、写真の代わりに紹介させていただきます。

d0266465_19455243.jpg
d0266465_1946371.jpg

(『仏青通信』2015年5月1日発行 より)



児童クラブレインボー

d0266465_19475912.jpg
d0266465_1948876.jpg
d0266465_19481548.jpg

学童保育を行っているというこの「児童クラブレインボー」。
昨年からこの子ども会巡回に声をかけてくれる様になりました。

遊びたい気持ちが有り余っている子どもたちは、文字通り「元気いっぱい!」
スタッフの自己紹介の後、「もう皆やりたいこと決めて!何がやりたい!?」と言うと、ものすごい勢いで答えが返って来ました(笑)

体を動かすゲーム中心にプログラムを進め、最後は大型紙芝居(『おににさらわれたあねこ』)。
職員の皆さんの厚意で、お昼ご飯のカレーライスもご馳走になりました。



竹野町保育園(17組 浄福寺)

d0266465_19535787.jpg
d0266465_1954137.jpg
d0266465_19541283.jpg
d0266465_19541854.jpg

進化じゃんけん、クラス毎に分けての漁師ゲーム、間違い探しゲームに、大型紙芝居(『おににさらわれたあねこ』)。
毎年本当に元気いっぱいで、こちらがへとへとになるぐらいのパワーを持った子どもたちです。

メンバーのアドリブや工夫が効いた進行が良かったと思います。
子どもたちとハイタッチしてお別れするのも、もうすっかりお馴染みとなりました。



20組 最福寺

d0266465_1958425.jpg
d0266465_19584764.jpg
d0266465_19585357.jpg

今回初めての会場です。
大型紙芝居(『こころのはかり』)から、その内容を踏まえてお話し。
子どもたちには、少し難しかった様ですが、巡回の内容に合わせて紙芝居の演目も考えて変えてくれました。

腕輪念珠作り、肝試しもとっても盛り上がったと聞いています。
また来年も是非とも声をかけていただければと思います。



11組 長福寺

d0266465_2051925.jpg
d0266465_2052691.jpg
d0266465_2053342.jpg

長福寺さまの本堂は、とても大きな本堂です。
その大きなスペースの中で、気持ちよく遊んで過ごす事が出来たのではないでしょうか。

御住職いわく、「3年目の壁、参加者がやや少なくて…」ということですが、それ自体が貴重な意見だと思いました。
人を集めるという事は大変です。
でもその中で、来てくれる人がいるという尊さを忘れてはいけないと、私自身思いました。
来年もまた続けて下さい!!



北条保育園(10組 西方寺)

d0266465_2012224.jpg
d0266465_2012102.jpg
d0266465_20122056.jpg

前日からの強風のため、本堂で予定していた巡回を、急遽北条保育園の遊戯室で行うことに変更。
写真は、Tさんによる新聞紙ちぎりゲームの様子。
上手にちぎれなくて泣く子もいましたが、そんなアクシデントもまた子ども会。
誰もが一等賞になりたくて、一生懸命背伸びして長さを競っています。

大型紙芝居(『じごくけんぶつ』)は、感情移入しすぎて汗だらだらになっちゃいました(笑)



11組 養泉寺(寺泊)

詳細はこちらのレポートをもって代えさせていただきます→ようせんじ 夏のこども会 2015



10組 聞光寺

d0266465_2019856.jpg
d0266465_20194029.jpg
d0266465_20203370.jpg
d0266465_20204611.jpg

「柏崎中央保育園夏祭り」の中での巡回という事で、たくさんの親子連れで境内は賑わいました。

その中の1コーナーでしたが、ステレオゲーム、大型紙芝居(『じごくけんぶつ』)と、それぞれしっかりと進めていっていました。

『じごくけんぶつ』では、話が始まる前に、現在では分かりにくい言葉を少し補足説明したり、セリフの言い回しも迫力があったりして、とても見ていて惹きこまれました。



こうして、8月の子ども会巡回が終わったわけですが、とりあえず疲れました(楽しかったけどね)!!
そして、参加してくれた皆さんも、お盆月という忙しい中、本当にお疲れ様でした。

間髪入れず、9月にも子ども会巡回が決まっています。
メンバーの皆さんにはまた会議等でお伝えしていきますので、引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

三条教区児童教化連盟幹事
倉井 光弥
by yosenji | 2015-08-31 21:00 | 養泉寺の周りにも目を向ける | Comments(0)