ブログトップ | ログイン

寺泊 養泉寺

養泉寺は文禄3(1594)年、信濃国(長野県)水内郡長沼村の歓喜踊躍山浄興寺の僧浄明が開いたお寺です。宗派は真宗大谷派。山号は光澤山。「つやさん」と読みます。


by yosenji
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

在方年頭(平成26年) レポート

2014年1月5日(日)。

養泉寺の在方の方々を中心とした年頭行事が勤まりました。
今年は日曜日ということもあってか、若手の方や初めて来られる方も含め、昨年よりも多くの方々と一緒にお参りすることが出来ました。

d0266465_230165.jpg

住職の挨拶。

昨年の養泉寺のニュースにスポットを当てながら、新年の挨拶をしていただきました。
思えば昨年は新檀徒総代が決まったり、庫裏の改築が決まったりと、養泉寺にとっては節目となる出来事が多い年でした。
他にも、喜ばしい事もあれば悲しい事もあり、それがごくごく当たり前でありながらも、改めて思い返すと一つ一つの出来事が鮮明に思い浮かんで来ました。

d0266465_238175.jpg

皆でいただくお斎。

4月からはこの庫裏の解体が始まる予定です。
あと何回、この庫裏でお斎をいただくことになるのだろう…。
いよいよカウントダウンとなってきました。

お斎の途中で新年のくじ引き!!
一人一人にくじを引いてもらい、当たった三人にはささやかな景品をお贈りしました!!

d0266465_23102620.jpg

お斎のメニュー。

いつも通り、小分けしたおせち料理に、お勝手のMさん手作りの寒天(ボリュームたっぷり)!!
そして具だくさんの新潟名物のっぺ。
お刺身にご飯、味噌汁というメニューでした!!
私は、ちゃっかり、お昼から黒ビールをいただきました。

一昔前までは、当たり前の様にお酒を出していたそうですが、ここ最近は何かと厳しくなり、また交通手段の問題もあり、お酒を出せなくなりました。
その代わり、手土産としてお酒を持ち帰っていただくようになったそうです。
今年もワンカップにおつまみという、ほんのささやかな手土産を皆さんに持ち帰ってもらいました。
また、今年は皆さんに入浴剤(バブ)を一個ずつお渡ししました。
「心が暖まったでしょうから、お家で体も温めて下さい」
住職が笑いを誘いながらお渡ししていきました。

今年はもう一つ、リメイクしたマッチも手土産に加えました。

d0266465_23184348.jpg

養泉寺のリメイクマッチ。

寺には、地域の花まつりやその他諸行事で使い切れなかったマッチが大量にあり、その処分に困っていたそうです。
一気に捨ててしまおうか…とも考えたのですが、住職が「リメイクして養泉寺のマッチに出来ないか?」と提案し、私がシールを作り、ぺタッと貼って、手作りですが養泉寺マッチを作りました。

リサイクルですが、なかなか評判もよく、皆さんに喜んでいただきました。
チャッカマンが何かと便利ですが、やはりマッチも必要だそうです。
皆さんのそんな意見を聞くと、私の思いとは違うことも多く、本当に勉強になります。

さて、そんなことで、養泉寺の在方の年頭が終わりました。

1月28日には、町方の初お講が勤まります。
10時30分~、お斎もあります。

町方の皆様、どうかお誘い合わせの上お参りしていただければと思います。
今年もご一緒に、養泉寺を楽しく作り上げていきましょう!!
by yosenji | 2014-01-05 23:25 | 養泉寺の雰囲気を知る | Comments(0)